適正価格な探偵をお探しなら紫苑へ - 来社予約はこちらをクリック -

浮気調査を自分ですることによるリスクと失敗例

不法侵入でラブホテルの地主に怒られてビックリする女性
もくじ

浮気を自分で調べるリスクと失敗例

浮気調査を自分で行うリスク

年に数件、浮気調査を自分で行ったり、友人や知り合いと一緒に証拠を押さえようと頑張った結果、「写真が撮れない」という相談からご依頼を受けることがあります。

一生懸命頑張って撮影した写真を見ても、ボケていたり、立証するに足りないアングルであったりと多種多様ですが、探偵レベルで見ると使えない写真ばかりです。

このような立証できない証拠写真になる理由として

  • 立証を考えて撮影アングルを考えれない
  • 撮影機材不足
  • 撮影技術不足

など、ほとんどは経験不足と技術不足、機材不足によるものがほとんどです。

経験不足によるリスクと失敗例

浮気を自分で調べる行為は、探偵でなければ経験するものではありません。
対象となる人物を尾行するにしても、探偵であれば服装や持ち物、距離感や立ち位置を考えながら進めていくのが基本。
しかし、経験のない方は、対象人物を追って急いで撮影することしかできないでしょう。

その結果、ボケた写真であったり、人物しか撮影できていないものになってしまうのです。
また、最悪なケースは、尾行がバレてしまい喧嘩に及ぶこともあったり、不法侵入で警察署に連行された方もいらっしゃいました。

これは稀なケースではなく、年間複数件の相談を受けている内容です。

配偶者に浮気調査がバレる

手軽なGPS発信機を車両に装着する際も、最近では赤外線カメラで撮影されていることもあります。
弊社でもGPS発信機を使用する際は、赤外線をチェックし、確実にバレないよう細心の注意を払って使用するほどシビアに取り扱っている機材です。
もしバレたときは、不利になることは間違いないのと、最悪はストーカー行為で接近禁止命令が出されることがありますのでご注意くださいね。

機材不足によるリスクと失敗例

最近のスマートフォンのカメラは高性能になり、私たち探偵も本当にたまにですが使用することがあります。
では、普段の浮気調査はどのようなカメラを使っているのかと言いますと、一眼レフカメラです。

一眼レフカメラの良い点としては、レンズ交換で遠距離でも撮影できることと、夜間の暗い時でも明るく撮影できること。
ビデオカメラも使うこともありますが、サブ撮影で使うだけです。

弊社を例にすると、浮気調査で使用する一眼レフカメラの本体とレンズを合わせて機材だけで100万円は超えます。ビデオカメラも15万円超えです。
それだけ高価な機材を使わなければ、安全な場所から対象人物の不貞行為を撮影することができないのです。

仮にスマートフォンのカメラやコンデジと言われるコンパクトデジタルカメラで撮影しようとするとなると、距離を詰めなければ撮影できませんし、夜間は光量不足で人影しか写りません。
実はこれがバレる原因となるのです。

よくありがちなラブホテルの入退室の写真を見ると「私にもできそう」と思われがちですが、実は一瞬の出来事。
本当に気を張っていなければ、ロストしてしまう瞬間です。
余程自信がないのであれば、バレる危険のあることはしないほうがよいです。

撮影技術不足によるリスクと失敗例

前述の撮影機材でもお話ししましたが、法的に浮気を立証する瞬間は一瞬です。
当たり前ですが、対象人物は撮影のために待ってくれません。

その場その場でカメラのフォーカスや絞りを合わせて、対象人物が法的に浮気をしている現場と立証する写真を撮影することは、経験のない方は本当に難しいものです。
なぜなら、私たちでも難しい時があるくらいですからね。

とくに夜間の撮影は、スマートフォンのカメラやコンデジでは非常に難しいでしょう。
その結果、せっかく一生懸命撮影した写真が使い物にならないことが多いのです。

ほかにもある自分で調べるリスク

法的に浮気と認める写真と立証

浮気の証拠はどのようなものでも良いわけではありません。
「見た」「聞いた」という立証困難なものではなく、具体的に対象となる人物が「誰が」「いつ」「どこで」「なぜ」「どのように」という5W1Hを写真や動画で立証することが求められます。
また、浮気を立証するための調査報告書で具体的に立証しなければいけなく、法的効力のある証拠でなければ有効なものとはなりません。

浮気の証拠については、下記リンク先に詳しく記述していますので、是非読んでくださいね。

関連リンク:>>浮気の慰謝料を請求するために有利な証拠とは?

法的知識の無さから失敗するケース

最近では、SNSや動画サイトなどで「浮気調査の手法」を掲載している探偵事務所(興信所)などがあり、「自分でもできそう」と思われている方も少なくありません。
しかし、インターネットなどで「失敗談」を探すとなかなか出てこなく、みなさんが成功されていると思われていませんか?

実際は、インターネットにカキコミができない何かしらのトラブルに巻き込まれているのです。

不法侵入による失敗

浮気現場を撮影するために、他人の土地へ入っては不法侵入になります。
よくありがちなのは、ラブホテル内の土地に無断で入って撮影するケースです。
と言いますより、営業妨害にもなります。

実際にラブホテル側から怒られてしまい、弊社へ相談にお越しいただいた方は多く、なかには危うく警察に通報寸前にまでなった方もいらっしゃいました。

勝手に人の土地に入ってはいけません。

刑法第130条

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

e-GOV法令検索

無理な尾行による失敗

「自分のパートナーを追っているだけなんだからストーカーにはならないでしょ?」と思われている方も多いと思いますが、配偶者と別居中であったり、パートナーの浮気相手から警察署に届け出があった場合には、ストーカー行為によって職務質問を受けることになります。
また、警察による判断次第では、接近禁止命令または処罰を受けることになります。

ストーカー行為等の規制等に関する法律 第18条

ストーカー行為をした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

e-GOV法令検索

パートナーがすでに離婚を決意していたり、恋人が別れを決めていた場合など、このようなトラブルに巻きもまれる危険性は非常に高いです。

ストーカー行為等の規制等に関する法律は、令和3年に改正されており、GPS発信機を用いた追跡行為もストーカー行為としてみなされます。

一度調査に気づかれてしまった案件は難しくなる

前述の通り、浮気を自分で調べることによるリスクの大きさはご理解いただけたと思います。
しかし、なかにはこのような記事を読まずに浮気調査にかかる料金を安く済ませようと、無謀にも自分で調査をして失敗する方がいらっしゃいます。

一度バレてしまうと当然、この先は隠すようになりますし警戒されてしまうのは当然のこと。

自分では無理と思って、バレたあとに探偵へ依頼をしても、調査は難しくなるのはもちろんのこと、調査時間も人員も必要となってしまい、余計に費用は掛かってしまいます。

リスクを負う前に探偵へ依頼することが安く証拠を掴む方法です

一般の方では非常にリスクの高い浮気調査も、私たち紫苑の調査員は、パートナーの浮気を立証する言い逃れのできない証拠を押さえ、一般の方ではなかなか仕上げることのできない裁判所にそのまま提出できる調査報告書をお渡ししています。

弊社では、シッカリと各法令を遵守し、ご依頼者様が安心していただきながら日々の生活を送っていただけるよう最大限に配慮しています。
その結果、現在では過去にご依頼をいただいたお客様からのご紹介や全国の弁護士様からのご紹介を多くいただいております。

浮気調査のご相談やお見積りはすべて無料です。
皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

24時間無料相談
もくじ