適正価格な探偵をお探しなら紫苑へ - 来社予約はこちらをクリック -

浮気調査を安く抑えたい!料金や費用を格安で依頼するコツと相場

浮気調査を安く抑えたい!料金や費用を格安で依頼するコツと相場

浮気調査を安く抑えたい」それは誰もが思うこと。
北海道内にもたくさんの探偵事務所(興信所)があり、浮気調査の料金や費用の差が大きく、どの会社に依頼をしたらよいか迷われている方も多いでしょう。

この記事では、浮気調査を依頼する前に知っておくべきこと、そして料金や費用を安く抑えるコツと相場を解説しますので、シッカリ読んで失敗しないご契約に役立ててくださいね。

もくじ

浮気調査を安く抑えるために知っておくこと

浮気調査を安く抑えるために知っておくこと

安い探偵事務所(興信所)にお願いする前に、「なぜ提示された金額なのか?」という理由を知ることが大切です。
その為には相場を知っておくことによってひとつの目安とし、なぜこの料金や費用なのかを把握しなければいけません。

浮気調査の相談窓口

浮気調査のお問い合わせ
24時間無料相談電話

24時間受付

相談だけでもOK

やさしい応対

以下のような相談を受付けています
  • どのような調査ができるか
  • 調査にかかる期間はどのくらいか
  • 調査費用について
  • 慰謝料請求はできるか

料金や費用の相場

料金や費用の相場

どんなサービスにも相場があることは皆様ご存知の通りだと思います。
もちろんこの調査にも相場がありますが、1回の調査でいくらという計算にはなりません。

なぜなら、1回の調査に対しての時間や調査員の人数、使用する車両の台数や交通費など、対象者の行動によって大きく変わることがありますので、一概に相場を表すことができません。
また、慰謝料請求するために複数回の証拠を掴む場合と確認だけの調査では、大きく調査回数が異なります。
ここでは、料金と費用の目安となる計算方法から相場をお話しします。

着手金

着手金は概ね0円~30,000円が全国的な平均です。
調査の性質上、継続的な調査が必要となるため、着手金を設定していない場合が多く、短期調査(浮気の確認だけの調査)の場合に設定することが多くあります。
調査範囲が広かったり、特殊なケースはこの限りではありません。

調査料金

調査料金のひとつの目安となるのが、調査員の人数と1時間あたりの料金です。
ほとんどの探偵事務所(興信所)では、調査回数と調査員人数と時間で計算され、支店など持たないところで全国平均は調査員1名1時間あたり8,000円~12,000円と言われており、大手で15,000円~20,000円と言われています。
調査員が増えれば増えるほど割引に応じるところもありますので、

費用

ここで言う費用とは、交通費や車両費、機材費、燃料代など人件費以外にかかる料金です。
ほとんどの場合は、上限額を決めて「諸経費」という項目で表すことが多く、1回の調査あたり10,000円前後が平均設定額となっています。

ほかにも、諸経費以外に別途設定されているもので、不意に対象者が旅行に出かけた場合などに発生する費用項目として上記以外には、宿泊費や出張料、外注費があります。
これらの費用は、実費計算が多く、領収書による精算がほとんどです。

なぜ相場から料金や費用が離れているかを調べることが大事

なぜ相場から料金や費用が離れているかを調べることが大事

相場から「高い」と感じたときには誰でも諦めが早いと思います。しかし、相場や他社よりも安かったりすると、安さに追求したくなるものです。
日本のことわざに「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、安いなりの欠点があることを理解しなければいけません。
とくに、極端に安かったりする場合には、下記のどれかに当てはまります。

開業して間もない探偵事務所(興信所)

よくありがちなのは、開業して間もない会社が安くホームページなどで掲示していることがあります。
開業して間もない会社は、調査経験も乏しく経営的にも不安定です。
実績のない会社へ依頼したばかりに、証拠が思うように掴むことができず倒産のリスクもお客様が追わなければいけません。
探偵業は専業で最低でも3年経過していなければ、安心して依頼することは難しいと言えます。
一般の方は、検討している会社がいつ開業しものなのか知ることは難しいでしょう。
下記リンクには、開業した年を知る方法が記述されておりますので、是非ご覧くださいね。

参考記事:>>探偵をお探しなら公安委員会の届出をしている会社を選ぶ理由

未熟な調査員による調査

調査を依頼するにあたって、お客様もお金を払う以上、満足できる調査を望まれることは当然のことであり、調査の質は調査員の技量に左右されると言っても過言ではありません。
前述にもあります通り、調査料金のほとんどは人件費となりますので、「調査料金が安い=人件費が安い」と考えても良いでしょう。
調査員の人件費を抑えようと考えるのであれば、技量のないアルバイトを雇用することが多く、調査の失敗や人物特定のできない写真など、満足できる調査結果は望めないことを覚悟しなければいけません。
技量のある調査員は一定価格を維持し、値引きはしていないことを覚えておきましょう。

興味を沸かせる料金や費用の掲示

探偵事務所(興信所)のホームページには、必ずと言っていいほど料金表が存在します。
ほとんどのお客様は、料金表を見て「安い」と決めつけて選ばれ、相談されているのではないでしょうか?
「○○円~」「○○円より」という料金設定は、着手金を意味していることが多く、実際には想像以上に料金や費用の高い契約になることが多いです。

また、「オーダーメイド」と設定している会社も多く存在していますが、実際には不必要な内容を盛り込まれることが多く、調査後の請求が多額だったというトラブルは今も絶えません。
目先の金額ではなく、総額で提示する会社を選ぶことが大切です。

参考リンク:>>料金・費用 | 総合調査紫苑

片手間な調査

探偵事務所(興信所)には、専業で営業している会社から副業で営業している会社が存在します。
調査料金を安く設定している会社の多くは、本業の片手間に調査を行うことが多く、急に対象者が動いた場合に対応できないというお客様にとってフラストレーションが溜まってしまう状況に陥ることがあるのです。
調査を依頼するときには、まず会社の看板や立地を確認し、異なった事業を展開していないかを確認してみましょう。

総合調査紫苑は、探偵・興信所を専業で運営している会社です。

参考リンク:>>会社概要 | 総合調査紫苑

実際とは異なる調査員人数や経費

通常は調査を開始した時と終了した時、そして調査中もご依頼者様が克明に状況がわかるよう連絡を取り合いますが、まったく連絡がないまま状況がわからず、調査終了後に莫大な経費を請求する会社が存在します。
見積時の安い料金や費用にとらわれてしまった結果、「見えない調査」を行われてしまったことによるものです。
調査を依頼する際の契約は、シッカリと料金や費用を把握し、「見える調査」を行っている会社を選びましょう。

料金や費用を安く抑える方法

料金や費用を安く抑える方法

コストを少しでも抑えたい」これは、弊社にお越しいただいたお客様がほぼ全員が口にする言葉です。
記事を書いている私も、もし依頼するのであれば、少しでも安く済ませる方法を考えるでしょう。

もし、調査料金や費用を少しでも安く抑えたいのであれば、調査する探偵事務所(興信所)が実施するうえで欲しい情報をひとつでも多く揃えておくことが重要です。
そうすることによって、良心的な会社は考慮した料金やプランを立ててくれますよ。
ここでは、ご依頼前にできる低料金で調査を依頼するコツを記述します。

調査をしてほしい人物の行動を記録する

調査をしてほしい人物の行動を記録する

調査を実施するうえで必要なのは、調査対象となる人物の行動を把握することです。
たとえば、毎週土日祝日の休日に毎日浮気相手と接触している(午前10時~午後5時頃まで)など、接触しやすい曜日と時間をおおよそで構わないので記録しておきましょう。
そうすることによって、大体の調査時間を把握することができ、調査する側にとっては非常に助かる情報となるのです。

ただし、イレギュラーな行動の多い場合は、日ごろからの情報収集が肝となりますが、浮気相手と接触していたと思われる日をカレンダーなどで印をつけてみると、意外とパターン化されていることも多いですよ。

小さな証拠も必ず記録する

小さな証拠も必ず記録する

日頃から調査対象となる人物と接触しているのであれば、何か気が付く点があるかもしれません。
たとえば、「夫のパンツに精液が付着していた」「妻が派手な下着を着用する日に限って髪の毛がタバコ臭い」など、些細な事でも記録すると良いでしょう。

この記録から、調査結果と結びつけると不貞行為と立証できる証拠に生まれ変わるものがあるかもしれないのです。
どんなことでも構いませんので、浮気に関連することは必ず記録するようにしましょう。

無理に調査対象人物を詮索しない

無理に調査対象人物を詮索しない

どうしても自分で浮気をしている証拠が欲しく、調査対象となる人物に問い詰めたりする方が多くいらっしゃいます。
誰でもそうですが、自分から浮気を自白する人はいませんし、問い詰めた影響で「探偵に調査依頼するのでは」と隠そうとしたり、急に周囲を細かく見て歩いたりします。

調査対象となる人物がこのような行動をするようになると、調査時間が長くなってしまい、結局、調査料金や費用が高額になってしまう恐れが出てしまいます。
探偵事務所(興信所)に調査を依頼するのであれば、知らないフリをしていることが一番です。

探偵事務所(興信所)へ直接依頼すること

探偵事務所(興信所)へ直接依頼すること

ウェブサイトを検索すると探偵事務所(興信所)のほかに、見積サイトや比較サイトなどがヒットしますよね。
一見、簡単ですし一度でたくさんの会社から見積もりを取ることができますので、大変便利なサイトと思いがちです。

しかし、このようなサイトは善意でサイトを公開しているものではありません。
ここでは、なぜ探偵事務所(興信所)へ直接依頼したほうが安いのかを説明します。

外部サイトは営利目的であること

見積サイトや比較サイトは、ほぼ探偵事務所(興信所)以外の会社が運営しているものです。
当然のように利用料が発生し、その料金は、お客様からいただく調査料に上乗せされます。
よくある相談の中で、「見積サイトや比較サイトのほうが高かった」というお話がありますが、このような理由から料金が上乗せされていることを覚えておきましょう。

お客様に合った見積ではない

浮気調査は、調査対象者の行動によって大きく調査時間に影響されたり調査手法を変えたりすることがあります。
お客様の情報を何も把握することなく、料金や費用の見積もりを取りましても、おおよその概算金額を知ることができても正確な金額ではありません。
つまり、お客様に合った情報ではない可能性が非常に高いのです。
このようなサイトの金額を信用せず、直接、探偵事務所(興信所)で見積りをすることを強くオススメします。

曖昧な料金や費用を掲示している会社は避ける

曖昧な料金や費用を掲示している会社は避ける

さまざまな探偵事務所(興信所)のサイトを閲覧していると、ハッキリと料金や費用を掲示している会社と曖昧に表示している会社があります。
もちろん、ハッキリと掲示している会社を選ぶことが大前提であり、曖昧な掲示をしている会社は避けるべきです。

弊社を例に挙げますと、イレギュラーな調査内容でない限り、料金表通りの金額でお客様にご案内しております。
最初からおおよその金額すらわからない会社は避ける出来でしょう。

成功報酬に惑わされない

成功報酬に惑わされない

一見、初期費用が0円で依頼することのできる成功報酬の料金をみると、誰でも魅力的に感じてしまいます。
しかし、成功報酬で定められる定義はほとんどの会社ではサイトに掲載していません。
先入観を持っているお客様は、成功とは浮気の証拠を掴んだら料金や費用が発生すると考えますよね。

もし、調査を行って仮に5回目の調査で浮気の証拠を押さえることができましたら、それまでの5回分の調査費用を請求されたり、成功報酬料金を請求させられたりと、調査後に請求書を見たら200万円を軽く超えていたというお客様からの相談も過去に受けています。
成功報酬を導入している会社には気を付けてください。

安く浮気調査を依頼するなら総合調査紫苑におまかせください

弊社では、お客様からシッカリとヒアリングをさせていただき、言い逃れのできない浮気の証拠を掴むための調査行程を立て、なるべく負担を掛けない料金や費用をご提案させていただいています。
探偵事務所(興信所)の中には定額料金を設定せず、人を見立てた調査料金の設定を行っているところもあるのが現状です。
このようなご依頼前から心配になるようなことは弊社では一切行っておりませんのでご安心ください。
ご相談やお見積りはすべて無料、365日24時間体制で皆様からのご連絡をお待ちしております。
お気軽にお問い合わせくださいね。

24時間無料相談
もくじ