損害保険金の不正受給調査は調査実績高い探偵 - 総合調査 紫苑

多発している保険金不正請求

聴診器とカルテ

弊社では、損害保険会社様や弁護士様、加害者など個人からのご依頼による保険金の不正受給や示談金・補償金を虚偽の報告によって多く得る行為、すなわち詐欺行為の調査を行っております。

交通事故が原因となる事案が主となりますが、実際に交通事故に遭われ被害者になりますと、普段は真面目で良人に見えても実際は金銭に困窮していてより多くのお金をもらえるよう深刻な障害があるように偽ったり詐病する事案が多々あります。

損害保険金の不正受給調査の料金・費用
【重要】保険調査の目的

交通事故などの原因による詐病調査は、相手方の病状後遺症障害の有無や重度を判断いただく証拠収集や調査報告書の作成を目的として行われる調査です。

よって、交通事故の過失割合の判定や交通事故の大きさによる傷病の有無は、探偵・興信所にて判断できません。
詳しくは、ご加入いただいている損害保険会社様や専門の医師、代理人となっている弁護士様にお問い合わせください。

尾行・張込み・聞き込みによる実生活の調査

事故被害者(相手方)の実生活を監視しながらケガの状況や就労のの有無を確認し、お客様へご報告いたします。

  • 休業補償虚偽の申告
  • 病状申告の虚偽

病院や医師と連携した医療調査

事故被害者(相手方)の事故による怪我がどの程度なのかを医師に確認し、お客様へご報告いたします。

弊社の相談医と連携を取り、事故との因果関係などの調査を行い、保険請求と治療方法の相違を確認することも可能です。

  • 実際の医療行為が為されていないか
  • 医療機関の請求内容に不正はないか

虚偽の休損損害調査

事故被害者(相手方)への賠償金額を設定するための事故前の就労状況および収入などを調査します。

また、休車による損害および営業損害額などを調べることも可能です。

  • 事故前の所得金額申告の不正
  • 被害者に加療の必要性はあるのか

保険契約者の不正調査

保険金不正受給と言えば事故被害者のイメージが強いですが、保険契約者自身の虚偽の申告による保険金不正受給の調査も行っています。

故意による自動車事故

知人同士の車両保険搾取目的の事故など、事故後当事者同士の交友関係を調査します。

  • 偽装車両事故の確認
  • 当事者同士の保険金詐欺

故意による車両盗難

車両保険搾取のため、故意に自己所有の車両を隠したり廃棄した事実を調査します。

  • 偽装車両盗難

損害保険の不正受給調査をご検討されているお客様へ

損害保険会社様・弁護士様

裁判イメージ

弊社は今日までに数多くの損害保険に関する保険金詐欺案件に対応してまいりました。調査のご依頼からご報告の流れは各保険会社様、弁護士様によって異なるかと存じますが、柔軟に対応させていただいております。

弊社への調査依頼をご考慮いただける場合は、損害保険会社様および弁護士様専用の料金表をご用意しております。もちろん、ご依頼の際は弊社担当者がご説明にお伺いいたしますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

24時間無料相談

個人のお客様

人身事故を起こして悩む女性

個人のお客様も、事故の相手に不信感を抱いていましたら遠慮なくご相談くださいね。

以下料金表は尾行・張込み・聞き込み調査を用いた料金表となっております。

案件の内容によっては長期化するものもあり、案件ごとに詳細をお聞きしたうえでお見積りをさせていただいているのが現状です。

弊社で行っている他の探偵サービスページをご覧いただいてわかります通り、ご依頼いただきやすい料金設定となっておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

料金・費用

スクロールできます
料金備考
着手金33,000円
調査料金8,250円1時間/1名体制
(案件内容により増員見積します)

※諸経費は基本料金の10%です。
※上記の料金の中に、交通費・報告書作成料金・撮影機材利用料などすべて含んでいます。
※深夜調査料金はトラブルが多いため設定していません。24時間同一料金です。
※上記料金は消費税を含んでいます。
※別途料金・費用が必要なケースは以下の通りです。

  • 札幌圏外での調査にかかる交通費(格安で設定しています)
  • 娯楽施設や飲食店の入場・入店を希望された場合の費用
  • 宿泊を伴う場合の宿泊費

よくある質問

交通事故に遭ってすぐでなければ委任できないのですか?

交通事故の発生日時から時間が経過している案件でも問題ございません。あくまでも、調査を行った日の事実を報告させていただいておりますので、「事故の相手方が怪しい」と感じたときにはすぐ対応することによって、証拠も多く抑えることができますよ。

相手方が遠方に居るのですが対応できますか?

もちろん大丈夫ですよ。
もし、北海道外に相手方が住まわれていましても、提携する探偵社に委託して調査を進めることもできます。もちろん、費用は変わりません。

調査が終わったと、示談金の交渉はしてもらえますか?

示談金の交渉は、弁護士法第72条非弁行為に抵触しますので、探偵社が示談金の交渉を行うことはできません。とはいえ、相手方と示談の交渉などにお困りの際は、交通事故に精通した強い弁護士を無料にてご紹介することも可能ですので、お気軽にご相談ください。