送達の現地調査におけるオートロック物件の難易度

オートロックマンションの現地調査
もくじ

オートロック物件の調査は難易度が高い

この記事を閲覧される方は、付郵便送達や公示送達の現地調査におけるオートロック物件の対処の仕方を知りたい方が多いでしょう。

私たち送達の現地調査を専門で行っている探偵・興信所であっても、状況に応じて立証方法を変えたり、調査方法を変えたりすることも少なくありません。

現在では、支払督促などご自身で申立てされる方も多く、裁判所にて手続きができても相手方が裁判所からの特別送達を受け取らないために、送達の現地調査を行い調査報告書を添付するよう裁判所から求められ、対処にお困りになる方が増えてきています。

この際に、「費用を掛けたくない」という一心でご自身による現地調査を行った結果、どのように書面を記載したらよいかわからなかったり、どのように立証したらよいかわからないとお問い合わせをいただくこともあります。
このなかでも調査や立証に一番大変なのはオートロック物件です

オートロック物件の調査は非常に難易度が高く、送達の現地調査経験のない方が行うことは、あらゆる知識がなければ違法行為に繋がることもあります。

付郵便送達・公示送達の現地調査-相談窓口

付郵便送達・公示送達の現地調査に関する相談窓口
住居所調査の相談電話

24時間受付

相談だけでもOK

やさしい応対

オートロックとは

オートロックとは、集合マンションなどに設置している暗証番号を入力しなければ集合ドアが開閉しないシステムのことをいい、開錠の際は、暗証番号または住居人居宅の鍵もしくは居宅内からのリモート操作が必要となるシステムです。

オートロックは、防犯上の意味で設置されていることが多く、不審者の侵入防止に役立っています。

オートロック物件で気を付けなければいけない点

オートロック設置の意図は前述で述べたとおり、防犯上の理由です。
ここで気を付けなければいけないことは、必要以上に物件内に侵入できない点。

とくに送達の現地調査では、あらゆる物証を記録しなければいけないため、神経質な住居人に調査風景を見られてしまった場合には、不審者と間違えられてしまい警察への通報も免れません。
一般の方がこのような事態になった場合、警察官へ「なぜ物件内に居たのか」を立証しなければいけなくなくなりますが、弊社であれば、公安委員会へ探偵業の届出をしている会社になりますので立証は容易です。
シッカリとした手順を踏めばこのようなトラブルには巻き込まれません

このように、送達の現地調査でオートロック物件に訪問する場合は、慎重に行わなければいけません。

共有部に設置されている各メーターの確認ができない

オートロック式マンションの場合、電気やガス、水道メーターの確認は非常に難しい調査になります。

一般の方や経験の浅い調査員は、オートロックでマンション共有部に入れない時点で「確認不可」と報告書に表記してしまうでしょう。

この状況で「オートロックだったから確認できなかった」と報告書に記載しても、裁判所からは「もっと調べれないのか」と再調査を勧められるのがオチ。
どのように立証したらよいかわからないまま悩まれると思います。

このような事態を想定して送達の現地調査は、立証件数豊富な調査会社に委託することをオススメします。

聞き込みが非常に困難

送達の現地調査では、近隣住人への聞き込みが必須。
聴取の内容が非常に重要な聞き込み調査でも、近隣住人を特定することは非常に難しくなります。

聞き込み調査そのものが一般の方や経験の少ない調査員にとってハードルの高い調査種目に対し、不特定かつ見知らぬ人に対象者のことを聞きまわることは、聞かれた住人からすると不審者そのもの。

調査を試みた結果成果が出なく、この時点で調査会社に依頼をしても対象物件に居住している住人は警戒していますので、調査が難航することは言うまでもありません。

北海道内のオートロック物件に関する送達の調査は紫苑へご相談を

弊社は、付郵便送達や公示送達の現地調査を北海道内だけで年間100件以上ご依頼をいただいている調査会社です。

とくに札幌市内の分譲マンションや高層賃貸マンションなど、オートロック式になっている物件は多数あり、年々、現地調査の難易度が非常に高くなってきています。

このような難しい現地調査であっても、弊社では独自の情報網と調査技術で対象者の居住の有無を明らかにし、裁判所にて受理していただける調査報告書を提供しています。
また、ご自身で現地調査を試みたものの、調査が難しい場合や継続ができなくなった方もお気軽にご相談くださいね。

北海道内における付郵便送達・公示送達の現地調査は、総合調査 紫苑におまかせください!

24時間無料相談