証拠写真に写っているマスクをした浮気カップルは立証できるのか?

浮気をしているカップルがマスクをしていても立証できます

コロナ禍が続く中でマスクが日常的に使われている今、浮気調査をご依頼されるお客様のご質問に多いのが「対象者がマスクをした写真でも浮気を立証できるか?」というお話。

一見、マスクをしていると「人物特定ができないのでは?」と思われるでしょう。

しかし、浮気調査はピンポイントで証拠を押さえるものではなく、対象者の一連の行動を証拠として押さえますので、対象者がマスクをしていても立証は可能です

ここでは、対象者がマスクをしていても、なぜ浮気を立証できるのかを解説します。

もくじ

浮気調査は5W1Hが基本!だから立証ができます

浮気や不倫の調査いわゆる素行調査において、対象者の行動を立証するには、「誰と誰が」「いつ」「どこで」「誰と」「何をした」を克明に記録し、裁判資料となる調査報告書に記載しなければいけません。
もし、どれかひとつでも欠けてしまうと、浮気や不倫の立証は難しなるのは言うまでもありません。

とくに、外出の際にマスクを常につけている状況下では、どれだけ浮気をしている対象者と浮気相手の行動を克明に表すかが勝負になるのです。

浮気調査の相談窓口

浮気調査のお問い合わせ
24時間無料相談電話

24時間受付

相談だけでもOK

やさしい応対

以下のような相談を受付けています
  • どのような調査ができるか
  • 調査にかかる期間はどのくらいか
  • 調査費用について
  • 慰謝料請求はできるか

対象者の一連の行動を記録するからマスクをしていても立証できる

浮気や不倫を立証するのであれば、不貞行為と位置付けている「ラブホテルや浮気相手の自宅出入り」だけを写真を撮れば?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ラブホテルの入退室に要する時間と言えば、玄関前だと数秒、タイミングよく部屋を選ぶところも撮影ができても数分です。
この間に撮影された写真が浮気や不倫の証拠になるのかと言われますと、その前後の行動が不明なばかりに、言い逃れされてしまう恐れが出てきます。
とくに、対象者がマスクをしていた場合は「それは私じゃない」と言い張るでしょう。

このような言い逃れをされないためにも、浮気相手と接触する前から対象者の行動を記録し、浮気相手と別れてからも、浮気相手の素性を掴むために尾行を続けることが大切になります。

ピンポイントではなく、対象者の行動を浮気相手と接触する前から記録することによって、立証能力は大きくなっていくのです。

車両や持ち物、衣服でも立証できます

前述のように、対象者の行動を一部始終記録するということは、それだけ映像が数多くなります。
対象者がマスクをしていて、「どうしても対象者と判別しにくい」ような時は、その日に着ていた衣服を写真に撮るのもひとつの方法です。

たとえば、対象者がラブホテル前で浮気相手と待ち合わせをし、その場で解散するようなシチュエーションの場合は、どうしても映像記録が少なくなってしまいます。
このような時は、その日着ていた衣服を写真を撮っておくことで、最悪な事態を回避することができるのです。

また、マスクを浮気カップルが対象者がいるも使用している車両を利用したり、バック、指輪など身の回り品をシッカリ把握していることで、証拠映像が言い逃れのできないものになります。

マスクの影響で証拠不十分と不安に思われているなら紫苑にご相談ください

マスクをしているから浮気調査を依頼しても証拠が押さえれるのか不安」そう思われているのであれば、遠慮なく弊社までご相談くださいね。

弊社では、コロナ禍でマスクをしている対象者でも、100%言い逃れのできない証拠を押さえ不貞事実を立証。
開業以来、対象者および対象者の浮気相手に言い逃れをされたり、訴訟にて証拠不十分になったことは一度もありません。

また、対象者マスク着用による延長調査を要求する探偵事務所があるようですが、弊社では、マスク着用が理由となる調査時間の延長は一度もございませんし、ご依頼前のカウンセリングで対象者の行動をシッカリとヒアリングをし、適切な調査時間をご提案していますので、不要な時間の延長や料金割増は一切ありません。

浮気調査は、シッカリと料金を当サイトに表示している弊社にお任せください。
適切な料金提示と調査をお約束します。

24時間無料相談