探偵に調査を依頼する時の見積は大切なことです

探偵に調査を依頼するときには見積をしましょう
もくじ

料金トラブルを未然に防ぐ方法は見積をしてもらうことです

探偵社とのトラブルの中でよく耳にするのは料金トラブル。料金トラブルに遭われた方のほとんどは、調査の依頼を焦ってしまい、見積を行わずに契約してしまったパターンです。
「今日すぐに調査してほしい」と急がれているあまり、肝心な料金の内訳を確認せずに委任契約を結んでしまうお客様に多く見受けられます。
このようなトラブルは、同業他社に相談しても契約内容がわからないため打開策をご提案することは容易ではありません。未然に料金トラブルを防ぐためにも調査を依頼する前に必ず見積することをオススメします。

探偵調査料金の相談窓口

探偵調査料金の相談窓口
24時間無料相談電話

24時間受付

相談だけでもOK

やさしい応対

依頼する調査の細部まで記載された見積

探偵興信所にて見積もりをお願する際に気を付けていただきたいことは、大雑把な記載ではなく、シッカリと想定される費用の内訳まで記載されている見積書をいただくことです。たとえば、浮気調査を例に挙げますと、「浮気調査 〇〇円」としか掲載されていない見積書の場合、そのほかにかかる経費はいくらになるのかは全くわからないですよね。浮気調査は一般的に、交通費や調査報告書作成料などの諸経費がありますし、それ以前に、何回の調査で何時間分なのかの明記が無ければ全く信用にならない見積書になります。
トラブルを未然に防ぐためにも、明確な見積書を探偵社からいただくことが大切です。

見積書のチェックポイント

調査回数の明記

見積書にただ○○調査と記載されているだけでは、その調査ですべての結果が出るまでその料金なのかわからないものです。もしかすると、1回の調査分しか記載されていないものもあります。複数回の調査を希望されているときに気を付けていただきたいことは、提示された料金で何回の調査が可能なことです。
お客様自身で思っている調査回数と見積りにて出された回数が同様のものかシッカリと確認しましょう。

調査料金以外の諸経費

以外にに落としがちなのは、調査料金以外にかかる費用、すなわち諸経費と言われるものです。諸経費の内訳は探偵社それぞれ違い、たとえば、調査報告書作成費用が調査費用に含まれているところもあれば、別途費用を設定していることろもあります。
とくに、交通費や時間延長料金、時間帯による割増など、こと細かく確認することが必要です。

調査条件があるものはシッカリと明記されていること

これは、予算が合わなかったり低予算で調査を依頼される方で、ここまで調査を行うがここまではしないという調査範囲のことをいいます。お客様の考えでは、「ここまで調査してほしい」ということでも、探偵社では「ここまでしか調査できない」という契約相違をなくすためでもあります。
「お金払ったけどこれだけしかしてくれなかった」ということにならないよう、シッカリとチェックしましょう。

メールやLINEなどの相談では正確に見積できないケースもあります

探偵社のサービスは、物品販売ではなくサービス対価になります。すなわち、一言で浮気調査と言いましても、お客様の状況によって同じ調査内容はありません。また、浮気調査で必要なヒアリングも、すべてメールやLINEでは表現しにくく、ご来社していただいてから「実は○○だった」ということも珍しくありません。
メールやLINEなどのツールを使って見積りをお願いする時には、もしかすると伝えきれていないこともあって料金が変わるかもしれないということを考えておきましょう。

正確に見積りを希望されているお客様は、御面倒でも探偵社へ足を運ぶことをオススメします。

失敗しない調査は御見積から始まっています

このように、探偵社にお見積りをお願いし、調査依頼を検討する際にお客様がとくに気を付けていただきたいことを記述しました。弊社では、ホームページにも記載してあります通り、定額料金で表記しておりますので、余程のことがない限り調査料金や費用は変わりません。このようなことから、弊社にてお見積りを必要とされるお客様は、弁護士さんからのご依頼で、お客様へ提示するための見積書作成がほとんどとなっております。

探偵社へ調査依頼をお考えの時は、細部までよくお話したうえでご契約されると良いでしょう。

24時間無料相談
もくじ