偽装(虚偽)DV対策のご相談 立証

偽装(虚偽)DVとは

偽装(虚偽)DVとは、一般的に配偶者からDVの定義である「身体的暴行」「心理的攻撃」「経済的圧迫」「性的強要」がないにもかかわらず、DVを受けたように偽ることを言います。

偽装(虚偽)DVが行われる原因は、明確な離婚原因が無いのに早期離婚をしたいがために「DV被害者のフリ」をして主張することが多くあり、年々増加している問題です。

紫苑では、偽装(虚偽)DVを理由に離婚が不利にならないよう対策・立証を行っています。

偽装(虚偽)DVが判明するまで

偽装(虚偽)DVは、妻側がDV被害者の「フリ」をすることが多く、口頭でDVを申告するだけならまだしも自ら身体を傷つけた写真や、精神科にて診察時に「夫からDVを受けている」と事実とは異なることを話し、夫のDVによる精神疾患の診断書を証拠として提出されることがあります。

このような場合、慎重に偽装(虚偽)DVと向き合っていかなければいけません。

嘘のDV被害報告

紫苑が今までに数多くの離婚問題と向き合ってきた中で、偽装DVを理由に離婚をすすめてきたパターンを紹介します。

  • 突然奥様が家出。連絡が取れずにいたら、DV被害を理由に、偽装である怪我の写真と離婚届を同封した郵便物が届いた。
  • 突然奥様が家出。連絡が取れずにいたら、弁護士から通知がきた。
  • 突然奥様が家出。連絡が取れずにいたら、家庭裁判所から離婚調停の呼び出し状がきた。

上記のように「突然家出」することがあり、警察に捜索願を出した結果、「警察側で居場所が判明しているが教えられない」と言われれば、偽装(虚偽)DVが行われている可能性は非常に高いでしょう。

偽装(虚偽)DVを装う傾向にある人

精神科入院中

そもそもDVを偽装する人はどのような方に多いのか。
今まで紫苑が偽装(虚偽)DV対策を行ってきた中で一番多いのは、もともと精神疾患を持っている奥様。次に多いのは自己主張の強い奥様です。

言い換えれば、上記のような特徴を思っている奥様と婚姻関係のある旦那様で、普段の生活の中で「離婚」というキーワードが出ているのであれば、偽装(虚偽)DVに気を付けなければいけないと言えるでしょう。

偽装(虚偽)DV対策

偽装(虚偽)DVは、実行されてしまったあとに対処できることは非常に少なく、かと言って偽装(虚偽)DVをされるかどうかわからないものに時間とお金をかけても良いのかわからないと思います。
しかし、何も対策をしていなく偽装(虚偽)DVを実行されてしまったら一瞬で不利になるのは確かです。

そうならないためにも、少しでも偽装 (虚偽) DVを実行される恐れがあるのであれば、キチンと対策することをオススメします。

自分でできる偽装 (虚偽) DV対策

生活の立証

一番手っ取り早い対策方法は、日常生活で本当にDVが行われていたかの立証です。
ただ、自分で立証するにも限界がありますし、言った言わないの平行線になりかねません。

そこで、弊社が行っている偽装 (虚偽) DV対策のひとつに宅内音声録音があります。
この宅内音声録音は、設置から立証まですべて紫苑が行うことによって第三者の立証になりますから、証拠として大きな効力をもたらします。
また、お客様自身も普段の生活で証拠を気にしなくても良いのも利点です。

偽装 (虚偽) DVを実行した相手がヒステリックになって暴言を放っているような会話が録音できれば、逆にあなたがモラハラ被害者として立証することもできますよ。

虚偽DVの証拠

聞き込みによる立証

万が一偽装 (虚偽) DVをされて物証として怪我をした写真を出されたとしましょう。
その際に必ず「診断書」が添付され、そこには、いつ、どこで、何をして怪我をしたのかが記載されていますので、その時にあなたの行動を立証する必要があります。

ただ、医師の診断書が無い場合は、あなたが原因で怪我をしたわけではないという証明が必要になります。
たとえば、偽装 (虚偽) DVをした相手が自分で転んだ怪我を証拠として提出してきた際に、その日時に第三者が見ていたとします。

私たち探偵が聞き込みすることによって、第三者の証言を立証することが可能になります。

専門カウンセラーがサポート

とくに、離婚の話し合いを行っている期間は、家庭環境が日々大きく変わるもの。
弊社では、専門のカウンセラーが随時お客様のご不安な事や心配なことなど親切丁寧に対応しております。

また、配偶者に覚られないようLINEを用いたご相談も可能です!

24時間無料相談電話
line相談
メール相談

料金・費用

  • 偽装(虚偽)DVに関するご相談やお見積りはすべて無料です。
  • すべて消費税総額表示をしており、基本的に掲載料金以外の請求はありません。
  • 必要経費とは、弊社調査員が札幌市内での偽装(虚偽)DV対策に要する1日の基本経費および報告書作成費用を含んでいます。
  • トラブルの多い深夜割増料金は設定しておりませんのでご安心ください。
  • 事前に偽装(虚偽)DV対策を実施することによって、万が一、配偶者が実行しても被害を最大限に抑えることができます。

基本料金

着手金55,000円から88,000円(案件内容により変動しますが、上限価格を超えることはありません。)

各種費用

調査員による調査

虚偽DVコースA虚偽DVコースB
調査料金 / 1時間8,250円14,300円
必要経費 / 1日8,800円
調査員人数1名体制2名体制

調査員の増員を希望されるお客様は、別途おも積もりをいたします。

機材による調査

宅内証拠撮影
(マイクロCCDカメラ使用)
宅内音声録音
(超高感度音声マイク使用)
音声録音機材レンタルおよび立証
(超高感度音声マイク使用)
GPS発信機による
モニタリング監視
(人工衛星みちびき対応)
機材設置料 / 1台11,000円~55,000円
宅内機材設置場所により変動します。
11,000円~55,000円
宅内機材設置場所により変動します。
11,000円
機材保守料 / 1日・1台6,380円1,980円1,980円
映像データ解析 / 1時間2,200円
映像データリッピング無料
音声データ解析 / 1時間1,100円1,100円
音声データリッピング無料無料
リアルタイムモニタリング / 1時間・1台1,100円
GPSログ解析 / 1時間分550円
メディア代実費
領収書による実費でのご清算となります。

長期間にわたる調査の場合は長期契約割引もございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

よくある質問

夫または妻が日ごろから嘘をつき、なんでも人に責任を押し付けてきます。やはり偽装(虚偽)DV対策をした方がいいですか?

とくに夫または妻が自己中心的な方は、離婚の話が出る前すなわち夫婦関係悪化の時点から偽装DV対策をとられることをオススメします。
とはいえ、相手方が必ず偽装DVを実行するとは限りません。
偽装DV対策をすることにより、離婚をすすめていくうえで大切な立証も同時に取得することができますので、夫婦関係が悪化した時点で弊社へ依頼することをオススメします。

夫または妻が自分でケガをしたにもかかわらず責任を押し付けてきました。偽装DVされる恐れはありますか?

十分にあり得る事案です。もし、まだ相手が病院に行かれていなく日が浅いのであれば、案件により事実を立証できる可能性は高いでしょう。
お早めに弊社までご連絡くださいませ。

偽装(虚偽)DVの兆候があります。土日祝祭日でも直接お伺いして相談できますか?

弊社は365日24時間体制でお客様のご相談を秘密厳守でお受けしております。ご来社の際は、プライバシー保護のため完全予約制となっていますので、お電話もしくは来社予約フォームにて事前にご予約くださいませ。

お電話で見積もりをしていただくことはできますか?

お電話にてご相談させていただき、具体的な対策内容が定まればお見積りは可能です。お電話する際に、あらかじめ「このような対策方法を検討している」とお伝えいただければスムーズにお見積りができますよ。

一刻も早く対策をお願いしたいです。このような場合はどうしたらいいですか?

まずは、弊社へご連絡いただきご来社いただければ、状況をお聞きしたうえで最適な対策方法をご提案させていただきます。この際にご契約いただければ、弊社の予定と合わせて最短で着手することが可能です。

夫または妻がありもしないDVを装って施設に入ってしまいました。入居先を調べることはできますか?

残念ながら、偽装DVを理由にシェルターや民間施設に入られてしまった場合、その所在を調べることはできません。
とはいえ、シェルターや民間施設に入居されても相手方は永久的に保護されるわけではございません。このような事にならないためにも、離婚時には偽装DVの対策をとられることを強くオススメします。