札幌在住の30代女性からストーカー被害のご相談がありました

ストーカー被害に遭った駅構内の風景

札幌市内の会社に通勤する途中、ストーカー被害に

札幌市内も地下鉄駅から離れると街灯が極端に少なかったり、家の明かりも少なかったりする場所が多くみられますね。

たとえ札幌市中央区内であったとしても、ストーカーされそうな場所は非常に多く、注意しなければいけない場所はあちらこちらにあります

今回ストーカー被害についてご相談いただいた中央区在住の30代女性のお客様も、地下鉄駅からご自宅までのルートの中で、街灯の少ないところが多々あり、場所的にも女性の一人暮らしには不安があるところでした。

通勤路としていた道からかなり遠回りしなければ明るい道はなく、仕事で疲れた後はどうしても避けて通れない道でもありました。

ストーカーに気が付いて2週間、我慢の日々でした

ストーカー被害に我慢をしている女性

お客様がストーカーに気が付かれたのは、紫苑にお越しになる2週間前。

ストーキングに怖くなり警察に相談するも、被害がなかったために「パトロールを強化します」で終わったそうです。

実際に、紫苑にてストーカー被害でご相談される方はこのようなケースが多く、仕方なく我慢しても、背後に人影が見えて何もできなくそして誰も守ってくれない。

インターネットでストーカーから守ってくれるところを探していたところ、紫苑のホームページを見つけてご依頼へとなりました。

辛かった日々から1日でも早く救うために、ストーカー特定調査のご依頼後すぐに着手することとなりました。

暗い夜道の交差点
北海道内のストーカー被害のご相談・特定は実績のある紫苑へ

続きを見る

ストーカー特定調査ご依頼日当日からの調査ができます!

ストーカー立証調査に意欲を出している女性調査員

お客様の状況や案件の内容にもよりますが、ストーカー特定調査はご依頼日当日からの着手が可能です!

ただし、特定商取引法により紫苑にご来社頂いてご契約された場合のみとなりますので、ご注意くださいね。

今回の案件は、調査員が地理的なものを把握しており、ご依頼者様の情報もかなり濃かったので、ご依頼後すぐに着手。

この日はストーキングされている様子もなく、お客様も安心してお帰りできたそうです。

この時調査員は、お客様の帰宅ルートにある街灯の暗さや騒音、住宅密度を見渡し、翌日からのストーカー特定調査において必要な機材の選定など、確実に証拠を押さえるべく調査戦略を練りました。

ストーカーが現れたのは調査開始から3日後でした

ストーカーがバレて驚くストーカー犯人

ご依頼された日から毎日、調査員がお客様の周りを捜索しながら守り続けて3日後、とうとうストーカーらしき人物が現れました!

あらかじめ、お客様とは通信できるよう仕掛けをしており、進む道順を調査員が指示。

調査員は、暗視カメラでストーカーらしき人物を撮影しながらその様子を記録していきます。

ストーカー犯人の顔も撮影できたので、次の指示を出そうとした瞬間、ストーカーがご依頼者に近づこうとしました。

そしてストーカーがお客様に接触しようとしたその瞬間に、調査員がカバーしました。

ついにストーカー犯が判明!その正体は?

まず、お客様へ調査員が「ストーカーは知っている方ですか?」と尋ねると、お客様は「知っています」と。

どのような関係なのかお聞きすると、「元カレ」だそうです。

それも、数年前に別れてもう自分の中では遠い過去の人だったそうです。

ストーカー犯になってしまった「元カレ」は、お客様に未練があり、つい「またヨリが戻せるのでは」と思ってお客様の仕事帰りを待ち、話せる機会を待っていたそうです。

ストーカー犯となった「元カレ」のその後

落ち込んでいるストーカー犯人

その後は、お客様も良心から「事件にはしない」と申し出があり、弁護士さんが中に入り、もう二度とご依頼者様の目の前には表れないという念書が交わされました。

「また会いたい」「もう一度やり直したい」そう思ってもなかなか叶わないからと言って怖がらせるようなことをしてしまっては、その思いもよいものにはなりません。

もっと違う出会い方であれば・・・もしかすると喜びに代わっていたのかもしれません。

お電話でのご相談・お問い合わせは0800-800-3210です

-探偵レポート
-