離婚したくないからこそ浮気調査を依頼する理由

夫の浮気に悩んでいる女性

浮気調査をしてパートナーの浮気を知って話し合いになったら離婚されてしまうと思っていませんか?
実は、浮気をしたパートナーからの離婚要求に応じる必要性はないのです。

ただ、あなたが何も知らずにパートナーが浮気をしていたり突然別居したりということになれば大問題です。

このような事になる前に、浮気調査で事実を知ることが必要です。

浮気現場の写真を探偵に撮られる浮気カップル
浮気のご相談や浮気調査は札幌の紫苑にお任せください

続きを見る

夫婦関係を破綻した側は信義則違反となり、離婚請求は認められません

少々難しい言葉になりましたが、浮気をした(不貞をした)配偶者は、自分から夫婦関係を破綻させたので、特別な要件がない限り離婚請求ができない法律があります。
つまり、浮気をした夫または妻は離婚の訴えを提起することができないのです。

では、浮気を証明するためにはどのようにしたらよいか。

それは、浮気調査で真実を掴み、調査報告書に記することになります。

浮気調査は慰謝料請求するだけのものではなく、パートナーと離婚しないための調査でもあるのです。

浮気調査の結果次第では、あなたが有利になります。

前途の通り、浮気した夫または妻は離婚を提起することはできません。
つまり、浮気調査を依頼して浮気の事実があった場合、浮気をされた側に今後夫婦関係をどうするかの主導権が渡るのです。

万が一、浮気をした側から「別れてほしい」と言われても、浮気をされた側は「婚姻を継続し難い重大な事由」が無い限り、受け入れるかどうするかはあなた次第になります。

離婚寸前の夫と妻
離婚前に知っておきたい婚姻を継続し難い重大な事由のポイント

続きを見る

浮気調査は、浮気問題を抱えている夫婦にとってとても大事な調査ということがわかると思います。

浮気調査は「浮気されてる?」と思った時に依頼することが大事

浮気をしている側も、この先いつまでも浮気がバレないとは思っていません。
時間が経てば経つほど浮気を隠そうとしますし、バレない工夫をします。

浮気された側が気付いた時のほとんどは、すでに親密な関係になっている場合が多いです。

浮気調査が難航してしまえば、時間と調査費用が多くかかってしまいます。
そうなる前に、浮気しているかもしれないと思った時に浮気調査の依頼をすることをオススメします。

お電話でのご相談・お問い合わせは0800-800-3210です

-札幌の探偵ブログ