偽装DV対策のご相談・立証は札幌の紫苑へ

泣いているまだ幼い子供

偽装DVとは

偽装DVとは、一般的に配偶者からDVの定義である「身体的暴行」「心理的攻撃」「経済的圧迫」「性的強要」がないにもかかわらず、DVを受けたように偽ることを言います。

偽装DVが行われる原因は、明確な離婚原因が無いのに早期離婚をしたいがために「DV被害者のフリ」をして主張することが多くあり、年々増加している問題です。

紫苑では、偽装DVを理由に離婚が不利にならないよう対策・立証を行っています。

偽装DVが判明するまで

偽装DVは、妻側がDV被害者の「フリ」をすることが多く、口頭でDVを申告するだけならまだしも自ら身体を傷つけた写真や、精神科にて診察時に「夫からDVを受けている」と事実とは異なることを話し、夫のDVによる精神疾患の診断書を証拠として提出されることがあります。

このような場合、慎重に偽装DVと向き合っていかなければいけません。

紫苑が今までに数多くの離婚問題と向き合ってきた中で、偽装DVを理由に離婚をすすめてきたパターンを紹介します。

  • 突然奥様が家出。連絡が取れずにいたら、DV被害を理由に、偽装である怪我の写真と離婚届を同封した郵便物が届いた。
  • 突然奥様が家出。連絡が取れずにいたら、弁護士から通知がきた。
  • 突然奥様が家出。連絡が取れずにいたら、家庭裁判所から離婚調停の呼び出し状がきた。

上記のように「突然家出」することがあり、警察に捜索願を出した結果、「警察側で居場所が判明しているが教えられない」と言われれば、偽装DVが行われている可能性は非常に高いでしょう。

偽装DVを装う傾向にある人

そもそもDVを偽装する人はどのような方に多いのか。
今まで紫苑が偽装DV対策を行ってきた中で一番多いのは、もともと精神疾患を持っている奥様。次に多いのは自己主張の強い奥様です。

言い換えれば、上記のような特徴を思っている奥様と婚姻関係のある旦那様で、普段の生活の中で「離婚」というキーワードが出ているのであれば、偽装DVに気を付けなければいけないと言えるでしょう。

偽装DV対策

偽装DVは、実行されてしまったあとに対処できることは非常に少なく、かと言って偽装DVをされるかどうかわからないものに時間とお金をかけても良いのかわからないと思います。
しかし、何も対策をしていなく偽装DVを実行されてしまったら一瞬で不利になるのは確かです。

そうならないためにも、少しでも偽装DVを実行される恐れがあるのであれば、キチンと対策することをオススメします。

自分でできる偽装DV対策

まずは探偵に頼らなくとも自分でできる偽装DV対策から始めましょう。
そのひとつに、離婚届不受理申請があります。

この離婚届不受理申請とは、居住地の役所・役場へ離婚届の不受理申請をすることで、簡単に申請を行うことができます。

言うならば、偽装DVを実行しそうな人は離婚届を偽造してしまう恐れもあります。
勝手に偽造した離婚届を提出される前に不受理申請をしておくことをオススメします。

また精神疾患を持っている配偶者であれば、通院先の病院でカルテ開示を求めコピーを持っておくことも良いでしょう。

紫苑の偽装DV対策

1.生活の立証

一番手っ取り早い対策方法は、日常生活で本当にDVが行われていたかの立証です。
ただ、自分で立証するにも限界がありますし、言った言わないの平行線になりかねません。

そこで、紫苑が行っている偽装DV対策のひとつに宅内音声録音があります。
この宅内音声録音は、設置から立証まですべて紫苑が行うことによって第三者の立証になりますから、証拠として大きな効力をもたらします。
また、お客様自身も普段の生活で証拠を気にしなくても良いのも利点です。
偽装DVを実行した相手がヒステリックになって暴言を放っているような会話が録音できれば、逆にあなたがモラハラ被害者として立証することもできますよ。

2.聞き込みによる立証

万が一偽装DVをされて物証として怪我をした写真を出されたとしましょう。
その際に必ず「診断書」が添付され、そこには、いつ、どこで、何をして怪我をしたのかが記載されていますので、その時にあなたの行動を立証する必要があります。

ただ、医師の診断書が無い場合は、あなたが原因で怪我をしたわけではないという証明が必要になります。
たとえば、偽装DVをした相手が自分で転んだ怪我を証拠として提出してきた際に、その日時に第三者が見ていたとします。
私たち探偵が聞き込みすることによって、第三者の証言を立証することが可能になります。

偽装DV対策の料金・費用

偽装DV対策の基本料金

着手金
50,000円(税込55,000円)から
80,000円(税込88,000円)
案件内容により変動しますが、上限価格を超えることはありません。

偽装DV対策の各種費用

偽装DV対策Aコース
調査員1名体制
調査料 / 1時間
7,500円(税込8,250円)
必要経費 / 1日
8,000円(税込8,800円)
偽装DV対策Bコース
調査員2名体制
調査料 / 1時間
13,000円(税込14,300円)
必要経費 / 1日
8,000円(税込8,800円)
宅内証拠撮影
(マイクロCCDカメラ使用)
機材設置料 / 1台
10,000円(税込11,000円)から
50,000円(税込55,000円)
宅内機材設置場所により変動します。
機材保守料 / 1日・1台
5,800円(税込6,380円)
映像データ解析 / 1時間
2,000円(税込2,200円)
映像データリッピング
無料
メディア代
実費
領収書をお渡ししますので、実費でのご清算となります。
宅内音声録音
(超高感度音声マイク使用)
機材設置料 / 1台
10,000円(税込11,000円)から
50,000円(税込55,000円)
宅内機材設置場所により変動します。
機材保守料 / 1日・1台
1,800円(税込1,980円)
音声データ解析 / 1時間
2,000円(税込2,200円)
音声データリッピング
無料
メディア代
実費
領収書をお渡ししますので、実費でのご清算となります。
音声録音機材レンタル
および立証
(超高感度音声マイク使用)
機材保守料 / 1日・1台
1,800円(税込1,980円)
音声データ解析 / 1時間
1,000円(税込1,100円)
音声データリッピング
無料
メディア代
実費
領収書をお渡ししますので、実費でのご清算となります。
GPS発信機による
モニタリング監視
(人工衛星みちびき対応)
GPS発信機設置 / 車両1台
10,000円(税込11,000円)
モニタリング / 1時間・1台
1,000円(税込1,100円)
ログ解析 / 1日分・1台
5,000円(税込5,500円)

・案件内容により柔軟に対応しています。
・長期間にわたる調査の場合は長期契約割引もございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

よくある質問-偽装DV対策

お電話でのご相談・お問い合わせは0800-800-3210です

-探偵サービス