一度浮気をしたパートナーのほとんどは、また浮気を繰り返う可能性大

浮気を繰り返して夫婦喧嘩をしている風景

一度浮気した夫または妻、パートナーのほとんどは、また浮気を繰り返す。
なぜこのようなことが言えるのか。

それは、弊社に浮気調査を依頼するお客様の半数以上が過去に、夫または妻、パートナーの浮気を一度は許し再構築を目指したものの、また同じ相手かどうかはともかく再び浮気を繰り返しているのです。

さすがに2度目の浮気は許されない」と浮気調査を依頼されるお客様の中で、1度目の浮気を軽視して浮気の事実を証明するもの、すなわち、証拠をシッカリと押さえていない方が多く見受けられます。

あとで失敗したとならないための証拠の大切さを解説します。

はじめての浮気でも必ず証拠を押さえておく大切さ

「はじめての浮気だし、少し魔が差したのだろう」そう思い、夫または妻のはじめての浮気を「謝ってもらって再構築できればいい」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

前途のように、一度浮気された方の半数以上がまた浮気を繰り返しているのが現状。
夫または妻がはじめて浮気をしたときに考えなければいけないことがあります。

それは、夫または妻が浮気を繰り返したとき、自分が有利になる立場をこの時に作っておくことです。
つまり、「過去にも浮気をした経緯があるという証拠」を押さえておくことです。

自分でもできる浮気の証拠を証明できる方法、それは書面に残すこと

自分で集めた証拠をもとに、夫または妻へ浮気の事実を詰め寄って再構築へと進まれる方もいらっしゃるでしょう。

このような時には、シッカリと浮気の事実を書面に残しておくことが重要です。

では、どのように書面を作ればいいのか。
このような書面はインターネットで検索をするとたくさん出てきますが、それはほんの一例で個々の事情に合っていませんので、あとから「この書面は有効ですか?」と弁護士さんにお話をしましても「使えません」と言われることがあります。

このような事にならないためにも、書面を交わすときには必ず弁護士さんに書面を作ってもらうようにしましょう。

再構築の話し合いをする夫婦
夫婦再構築の際にパートナーの浮気相手へ接触禁止を求める方法

続きを見る

シッカリと証拠を押さえておきたい方は探偵に浮気調査を依頼して調査報告書を作成してもらいましょう

のちに夫または妻が過去にも浮気をしていた事実があると証明するために簡単な方法は、探偵に浮気調査を依頼し、浮気の証拠を調査報告書にしてもらうことです。

浮気現場の写真を探偵に撮られる浮気カップル
浮気のご相談や浮気調査は札幌の紫苑にお任せください

続きを見る

浮気に関する慰謝料請求は、被害者またはその法定代理人が損害および加害者を知った日から3年間行使しないときに消滅時効します(民法724条)が、浮気をした事実は消滅しません。
つまり、慰謝料請求はできなくとも過去に夫または妻が浮気をしていた事実証明はできることになります。

浮気の時効につきましては下のリンク先に詳細が書いていますよ。

浮気の時効について悩む女性
浮気や不倫は時効があります

続きを見る

このように、浮気をした事実をシッカリ残すことによって、今後、夫婦関係が悪化した場合に最強の武器と化すことでしょう。

浮気を許してもらえた安堵感から浮気は繰り返される

浮気がバレてしまった→でも許してもらえた
この安堵感から再び浮気を繰り返すケースが多いです。

再構築する際は、シッカリと浮気をしたパートナーに浮気の罪悪感と日々の反省をしてもらうことが重要です。

日々生活していくうえで、浮気をしたことによる事の重大さを自覚してもらい、家庭そして家族のために尽くしてもらうことが大事ですよ。

未来は誰でもわからないもの。
だからこそ、浮気の証拠は軽視せず確実に押さえておくことが重要。

もしかすると、あなたのお守りになるかもしれません。

お電話でのご相談・お問い合わせは0800-800-3210です

-札幌の探偵ブログ