浮気や不倫・不貞行為の慰謝料には「相場」があります!

浮気や不倫・不貞行為の慰謝料には「相場」があります!

浮気の慰謝料に「相場」があることをご存知ですか?

夫や妻に浮気や不倫といった不貞行為をされたとき、今後の夫婦生活を考えるとともに頭に思い浮かぶのが「慰謝料」だと思います。

夫婦関係を夫もしくは妻が裏切った訳ですから、たくさん慰謝料をとりたい気持ちになるのも無理はありません。

よくメディアで芸能人やスポーツ選手などの浮気や不倫が原因で離婚の報道がされたとき、「慰謝料〇千万円!」という話がありますが、実際、一般家庭の場合はどうなのでしょうか?

また、一般的な慰謝料の相場はいくらくらいなのかを徹底解説します!

浮気・不倫といった不貞行為による慰謝料の算出方法

浮気・不倫といった不貞行為による慰謝料の算出方法

浮気や不倫などの不貞行為による慰謝料の算定には、その浮気や不倫といった不貞行為の有責性・婚姻期間・未成年の子供の有無・財産の状況など夫婦関係全体の状況を考慮しながら算出されます。

よくメディアなどで報道されている著名人の浮気や不倫が原因で離婚した場合の慰謝料に関しては、財産分与が含まれているケースが多いため、金額が高く報じられるのです。

では一般的な慰謝料の相場は?と言いますと、配偶者の浮気・不倫に対しての慰謝料相場は100万円~200万円くらい・さらにそれが原因で離婚する場合は200万円~300万円くらいと言われています。

ただし、婚姻期間が長かったり配偶者の浮気や不倫の事実がが過去にもありますと慰謝料の増額が見込まれますよ。

上記とは逆に、夫婦ともに浮気をしている事実つまりダブル不倫をしていますと慰謝料は減額または慰謝料自体認められなくなるでしょう。

浮気や不倫の慰謝料は請求時に高く設定しましょう

なぜこのような見出しにしたかと言いますと、仮に慰謝料300万円ほしいとします。

最初から300万円と設定して示談交渉をすすめ示談で終わればよいのですが、浮気・不倫をした配偶者と示談決裂した場合には提訴することになります。

そうなりますと裁判所で和解もしくは判決で慰謝料が決まる訳ですが、必ずしも300万円そのまま認められることはありません。

よって、300万円の慰謝料が欲しいのであれば最初から減額されることを想定して設定しなければいけないのです。

では上記の事を踏まえて慰謝料1000万円くらい請求してみては?と思う方もいらっしゃるでしょう。

残念ながら冒頭で書きましたように「相場」というものがありますので、相場からかけ離れた慰謝料金額を設定しましても認められるケースは非常に低いでしょう。

先に書きましたように、婚姻期間や子どもの有無・共有財産なども考慮しながら慰謝料を設定しますので、浮気や不倫の慰謝料請求に強い弁護士さんとよく相談しましょう。

費用が安く確実に浮気や不倫の証拠を押さえてくれる探偵に依頼しましょう

費用が安く確実に浮気や不倫の証拠を押さえてくれる探偵に依頼しましょう

せっかく高い慰謝料を請求してもらえたとしても、配偶者の浮気や不倫の証拠を押さえるために多額の費用をかけてしまいますと、最終的に手元に残る慰謝料は少なくなってしまいます。

弊社にて浮気・不倫調査を依頼したお客様のほとんどは、証拠を押さえるまでの期間は対象者の浮気・不倫の常習性に左右されますのでさておき、複数回の浮気・不倫の証拠を押さえても数十万円で収まっていますよ。

浮気や不倫の証拠を押さえ確実に立証するために、探偵会社に支払う費用は抑えるに越したことはありません。

しかし、配偶者の浮気や不倫の状況によって証拠を押さえるまでの時間も費用も変わりますし、現在お客様がお持ちになっている証拠や状況によっても変わります。

探偵へ浮気・不倫の調査依頼の時は、対象者に関する情報をまとめ、かつ的確に探偵会社の相談員に伝えることをオススメします!

探偵事務所で調査費用を安く抑えるポイントをご紹介!
探偵事務所で調査費用を安く抑えるポイントをご紹介!

続きを見る

浮気現場の写真を探偵に撮られる浮気カップル
浮気のご相談や浮気調査は札幌の紫苑にお任せください

続きを見る

彼氏の横で浮気相手とメールをしている女性
同居・同棲・交際中の浮気調査は札幌の探偵【紫苑】へ

続きを見る

お電話でのご相談・お問い合わせは0800-800-3210です

-札幌の探偵ブログ