浮気の証拠はあなたの大切なお守りです

あなたの「お守り」になる浮気の調査報告書

浮気調査を依頼するときに「離婚」を決めていなければいけないということはありません。

弊社へ浮気調査を依頼されるお客様の中には、「パートナーが浮気をしているか確認したい」「とりあえず証拠を掴みたい」という方も沢山いらっしゃいます。

浮気の証拠を立証するために必要な調査報告書がありますが、もし、パートナーが浮気をしていた事実が記されているのであれば、離婚を決めていないあなたにとってもそれはお守りになります

調査報告書に記された浮気の証拠は消えることはありません

「浮気調査の報告書=裁判所で使うもの」とお考えの方がたくさんいらっしゃると思いますが、この答えは間違いではありません。

ただ調査報告書に記された内容は一生消えないもの。

調査報告書に記された証拠は、一生あなたのお守りになるのです。

浮気現場の写真を探偵に撮られる浮気カップル
浮気のご相談や浮気調査は札幌の紫苑にお任せください

続きを見る

離婚を決意していない方は、万が一の時に救いとなる浮気の調査報告書

「まだ離婚を決めていないですから、浮気の調査報告書は作成しなくていいですよ」とおっしゃる方がたまにいらっしゃいますが、浮気調査を依頼するのであれば必ず調査報告書を作成してもらってください。

なぜなら、せっかくお金を払って浮気調査をした結果、浮気の事実が判明して口頭で報告を受けても、浮気をしたパートナーやその浮気相手への立証が困難になるのはもちろん、これから再構築へと向かっていく際に再度パートナーが浮気をしないとは限りません。

浮気を繰り返して夫婦喧嘩をしている風景
一度浮気をしたパートナーのほとんどは、また浮気を繰り返う可能性大

続きを見る

すなわち、浮気の事実確認をしただけでは証拠に残らないということなのです。

もし手元に調査報告書があれば、パートナーが再度浮気をしたときに大きな立証へとつながるでしょう。

パートナーの浮気が再発 浮気の再調査は複数回の証拠を押さえなくても大丈夫な時があります

再構築後にパートナーの浮気が再発してしまい再度証拠を押さえなければいけないとき、複数回の証拠を押さえなければいけないのか。

これは、初回の浮気調査で押さえた証拠の質や調査報告書の記載内容によって大きく変わります。

初回の浮気調査で押さえた証拠を克明に記載された調査報告書をもとに、パートナーやその浮気相手に対して浮気の事実を認める書面を書かせているのであれば、ほぼ浮気の再調査は1回の事実を認めざるを得ない証拠を押さえれば大丈夫でしょう。

しかし、初回の浮気調査が終了したのちに口頭で約束したり、パートナーやその浮気相手がキチンと浮気の事実を認めていない場合(書面を交わしていない場合)は、状況によって複数回の証拠を求められる場合もあります。

このように、浮気調査を依頼する際は先々あなたが困らないためにシッカリと解決することが必要です。

これからの人生で不利にならない浮気の解決をご提案しています

弊社にて浮気調査をご依頼される際には、お客様の先々を考えた解決方法をご提案させていただき、その内容に合わせた浮気調査を行っています。

これは、お客様の金銭的な負担や精神的な負担を最大限に抑え、少しでも安心して生活を送っていただきたい思いからです。

悪質な探偵業者にありがちな不必要な複数回調査や付加価値を付けた調査は、弊社では一切行っておりません。

浮気の証拠は、これからあなたが生きていくうえで今必要じゃなくとも、必ず必要になるときが訪れます。

その時に「あの時浮気の証拠を押さえておけばよかった」とならないためにも、先々のことをシッカリと相談ができて言い逃れのできない証拠を押さえてくれる探偵会社を選ぶと良いでしょう。

お電話でのご相談・お問い合わせは0800-800-3210です

-札幌の探偵ブログ