浮気や不倫の調査はどこまで調べる?報告書記載項目をご紹介

浮気の証拠画像

探偵事務所や興信所で一番多い依頼と言えば、浮気や不倫の調査。
「配偶者の浮気の証拠が欲しい!」と思っても、どこまで調べるのか不安ですよね。

浮気や不倫を立証するために必ず調査報告書に記載するのですが、その記載項目に沿った調査を行います。
すなわち、記載項目に該当する調査を行って証拠を押さえれば、たとえ慰謝料請求で揉めても相手方は言い逃れできなくなるのです。

では、具体的な調査内容をご紹介します。

浮気調査の調査範囲は、ご依頼される探偵興信所によって変わることがあります。
ここでご説明する内容は、当探偵事務所の例です。

もくじ

対象者の行動全般

浮気調査のほとんどは、ご依頼者様と探偵社で日時の打ち合わせを行い、その調査時間の範囲で行います。

当然、浮気調査のメインとなるのは対象者となるご依頼者様の配偶者になりますので、配偶者の行動を探りながら浮気相手と接触しましたらその瞬間をカメラで撮影し、解散するまでの一部始終を記録します。

浮気調査の相談窓口

浮気調査のお問い合わせ
24時間無料相談電話
line相談
メール相談
メールで予約

24時間受付

相談だけでもOK

やさしい応対

以下のような相談を受付けています
  • どのような調査ができるか
  • 調査にかかる期間はどのくらいか
  • 調査費用について
  • 慰謝料請求はできるか

対象者の行動を細かく記録します

対象者が浮気相手と接触した時間から飲食店やラブホテルなどに入退店した時間、解散した時間を分刻みで記録し、その一部始終を誰が見ても理解しやすいように撮影を行います。

つまり、対象者と浮気相手が接触して解散する時間は誰にもわかりませんので、調査終了時間は予測できません。
普段から対象者が浮気していると思われる日の帰宅時間から、おおよその調査時間を割り出すことによって、浮気調査にかかる時間を予測することができます。

対象者と浮気相手がハッキリとわかる証拠でなければ意味がありません

普段から対象者を見慣れているご依頼者様は、服装や背格好で対象者と判断できると思います。
しかし、顔がハッキリしない映像であったり特徴のない映像は、立証するには難しいものがあります。
「それ、私じゃない」と言われてしまったらそれまでですからね。

証拠の基準となるのは、第三者(弁護士や裁判所職員)が調査報告書を見たときに、対象者と断定できるものになります。

あくまでも自分の判断ではなく、第三者が判断した時に対象者と断定できる映像が必須となります。

対象者が浮気相手のために購入した物なども記録します

対象者が浮気相手と接触している最中に、コンビニや飲食店、デパートなどに立ち寄ることがあります。
この時も、何を購入したのか、何を注文して飲食していたのかまで、徹底的に記録します。

もちろん、このような行動も調査報告書に記載しています。

過去の浮気調査で浮気カップルがコンビニで購入されたもの

年間数十件もの浮気調査を行った中で、浮気カップルがコンビニで購入された商品をリストアップしてみました。

  • 飲料水
  • お菓子
  • ストッキング
  • 下着類
  • 避妊具

コロナ禍になってから、浮気相手とビジネスホテルを利用する方が増えたこともあり、避妊具まで購入するカップルもいました。

気になる浮気相手も調べます

配偶者の浮気調査を依頼される方のほとんどは、配偶者の浮気相手は誰なのかを知りたいと言われ、調査することが多いです。
基本的に、配偶者だけに慰謝料請求をする場合は、浮気調査の料金削減のために浮気相手を調べないこともあります。(あくまでもご依頼者様の意向です)

具体的に、浮気相手に対してどこまで調べるのかをご説明します。

最低限浮気相手のことを調べるのであれば、名前と住所と顔写真です

浮気相手へ慰謝料請求をする際に最低限必要な情報は、名前と所在している住所と顔写真です。

浮気相手の顔写真は浮気調査の中で撮影し、記録できるので心配はないのですが、問題は氏名です。
氏名がわからなければ、浮気調査後に委任する弁護士さんが浮気相手に書面を送付できないですから、慰謝料請求ができなくなります。

このような場合、浮気調査の委任の時すでに浮気相手への慰謝料請求を自分で決めているのであれば、浮気相手も同時に調査してもらうよう探偵興信所にお願いしてみましょう。

ほとんどの探偵興信所では受付けてくれますよ。

弊社では、ご依頼者様の負担を最大限に抑えるため、パック料金やセット料金というお得な料金設定がございます。
浮気調査の料金システムは、浮気調査のページに記述しています

ほかにも浮気相手のことについて調査ができます

前述の通り、浮気相手の素性について氏名と住所がわかれば慰謝料請求は可能ですが、そのほかも調べることによって、慰謝料請求をするための判断材料を得ることができます。

たとえば、勤務先が判明することにより、大体の収入を予測することができますし、もし、車両を持っているのであれば、最悪の事態に差押えの対象として考えておくことができます。

よって、浮気相手へ慰謝料請求することを決めているのであれば、浮気調査を実施している中で情報収集してもらいましょう。

浮気調査のご依頼は紫苑へ

浮気調査を実施する中で、この記事に記載している調査事項は、すべて弊社にて行っていることです。

まれに、浮気調査とは別に浮気相手の素行調査として別契約で調査を行う探偵興信所もありますが、弊社では、案件の内容によってセット料金内で収めることもできます。

なぜ法律事務所へ配偶者の浮気を理由に離婚の相談に行ったご依頼者様が、弁護士様のご紹介により弊社にて浮気調査を実施していることがおわかりになると思います。

弊社へ浮気調査のご相談や調査依頼をされる方のほとんどは、弁護士様からの紹介や弊社で過去に調査依頼をされたご依頼者様からの紹介です。

ご相談や浮気調査のお見積りはすべて無料です。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

24時間無料相談電話
浮気の証拠画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

北海道札幌市にある探偵社-紫苑のボス ▶得意調査は浮気調査や自宅や勤務先の割り出し。ラブホテルの出入りはもちろん、居宅の出入りでも浮気相手の素性まですべて調査します!実際に調査現場に出かけているからこそ表現できるカウンセリングでお客様をフォローしていますよ。

もくじ
閉じる